コロナをやっつけろ!〜1日で1億7000万”ドル”集めた世界同時生放送イベント

NEWS

こんにちは!ナオトです!
約3ヶ月ほど投稿していませんでしたが、この出来事は書かなければいけないと、執筆しました。

4月7日、”United Way Worldwide”などの非営利慈善団体を筆頭に、「世界中のインフルエンサーで、同時にコロナ対策募金のための生放送を行う」という一大企画が実施されましたのをご存知でしょうか?


YouTube,TikTok,Instagrm,Twitterなど、全てのプラットフォームをまたいだ、壮大なプロジェクトです。

4月7日〜世界中のインフルエンサーが一丸となった



“#HopeFromHome”を旗印に世界中のインフルエンサーが一丸となった結果、
現在では1億7000万ドルもの募金が集まりました。

日本円にして170億円もの巨額な募金は、

United Way Worldwide“,
COVID-19 Solidarity Response Fund for the World Health Organization“,
Comic ReliefUS’s Red Nose Day“の3つの団体に寄付されます。

個人の活躍もあり〜12時間で6600万ドル

参加者の一人であるイギリスの人気YouTuber、
Jackseptickeyeも参加し、自身でもインフルエンサーに呼びかけを行いました。

参加者の1人であるジャックセプティックアイは、個人で6600万ドルの募金を
12時間で集めることに成功しました。

インフルエンサーでなくても、できることを

このイベントをきっかけに、自分になにができるか考えざるを得ませんでした。
インフルエンサー達に比べると、私にできることなどたかが知れています。

しかし、「飲み会を開こうとする人」「マスクをしない人」などに注意をすることや、
自分自身が「手洗いうがい」を徹底するなど、小さいけどできることはあります。

この小さい努力が集まれば、コロナウィルスに対する大きな力になるはずです。
私のTwitterだけでも、コロナに強い危機感を覚え、対策を徹底している人の姿があります。

また、この記事の執筆をきっかけに、
「寄付」という簡単な選択肢を思いつき、少額ながら寄付させていただきました。

私は日本財団に寄付をしました。
簡単にできるので、一緒に小さな#HopeFromHomeになりませんか?

この記事が役に立ったらいいね!してね