【英語学習】あなたは今、サイレント・ピリオドにいる〜乗り越えるには?

英語学習

 

いきなり引用で申し訳無いですが、以下の
脳科学者の茂木健一郎さんが英語について言及している文を読んでみてください。

めんどくさい人用に結論からいうと、

英語は徐々に学習の成果が見えるようになるものではなく、
あるとき突然できるようになるもの

という話です。

以下、茂木健一郎さんのお言葉より引用

脳の神経回路網の変化は、ゆっくりとしか進行しない。しかし、その進行を進めるのはある特定の課題に取り組むという「文脈」だけである。だから、辛抱強く、地道にやるしかない。

第二言語の習得においては、「サイレント・ピリオド」という期間があることが知られている。たとえば英語を学ぶときに、しばらくは周囲で英語を話していても、その話者は黙っている。表面的には、何の進歩もないように見えてしまう。

しばらく何の進歩もないから、英語学習の進歩がないように見えるが、それでもその英語の環境に置いておくと、やがて、ある時期が来ると突然顕著な進歩を見せるようになる。サイレントピリオドが終わったのである。

サイレントピリオドにおいて、脳内では何が起きているのだろうか。外部へのアウトプットというかたちで進歩が見えなくても、神経回路網には徐々に微小な変化が蓄積しているものと思われる。それがある「しきい値」を超えた時に、顕著な進歩が外在化する

英語の習得には「2,200時間必要」という説

f:id:naototube:20181002225153j:plain

この数字は
アメリカ政府の外交関連職員を対象とする教育機関で、

日本語の習得にかかる時間が2200時間とされているものを
逆に捉えただけのものなのですが、
なかなか説得力があります。

サイレント・ピリオドを超えるには、
2200時間英語学習に勤しまなければいけない
と考えても不自然ではありません。

途方もない時間ですね笑
残念ながら、これは真実だと思います。

以下は、普通の人が想像する英語の伸び方と、
実際の伸び方を比較した図です。

サイレント・ピリオドがどういうものか
わかりやすいと思います。

f:id:naototube:20181002215615p:plain

*画像引用元:https://tenshoku.mynavi.jp/global/knowhow/English/054

この記事が役に立ったらいいね!してね