知ったら後悔する〜英語学習を継続できる本当の要因は3つだけ

英語学習

こんにちは。
Pです。

英語を毎日学習したい。
毎日英語に触れるなにかをしたい。

そうしてコツコツ続ければ、いつか理想の英語力が手に入るから!

しかし、英語学習の継続はなかなか難しいものです。
英語の勉強じゃなくっても、「継続」というものはなかなか難しいですよね。

この記事では、
あなたに英語学習を毎日続けるための要因を僕の経験を基にお伝えします。

「〜する方法」とか「〜すべき」という表現は、
「僕が実際に恩恵を受けられた」という前提で行っています。

僕は頭も良くないし根性もない人間ですから、
僕にできたなら高確率であなたにもできます!

しかし万が一、
「自分には英語無理かも」と思ってしまうかも知れませんので悪しからず。

さて、継続するための方法をお伝えする前に、
あなたはなぜ辞めるのかを考えてみましょう。

そのほうが、話がわかりやすくなります。

あなたが英語学習を続けられない理由

その理由は1つに集約できると思います。

あなたが英語学習を続けられない理由は、
「人生に必要ないくせに、無駄に大変」だからです。

英語学習の継続を辞めるメカニズム

殆どの日本人にとって、英語は不必要なものです。
しかし、あった方がいい。

よりよい仕事につくために!」

もっと旅行を楽しむために!」

「外国人と友人になってグローバルな人生を楽しむために!」

世界の情報をもっと知るために!」

「英語を使えるようになって、人生の選択肢をもっと増やすために!」

英語学習のよくある理由を少し並べてみました。
どれも素晴らしいですが、やはり人生に必要ではないですよね

それでも、素晴らしい未来を目指して英語学習を始めます。
するとどうでしょう。

面白くない英文法の学習。
終わりの見えない単語学習。
実践してみたけど効果の見えない英語ノウハウ本。
3日坊主を繰り返して上達を感じない。
英会話カフェなどに言ってみるけど、思ったように話せない。
よく電車の広告でみるスクールも考えたけど実は料金がめちゃ高かった。

大量の問題に直面します。
(これらは僕も経験しました)

「不必要なもののために、大量の時間と労力とストレスをかけて、
自分は毎日がんばるのか?

この問いをきっかけに、
あなたは「英語で得られる(と思っている)もの」と「大変さ」を天秤にかけます。

「曖昧な明るい未来への妄想」と、「目の前の現実の問題」はどちらが「重い」か。

天秤は英語学習のコスパの悪さをあなたに伝え、
そのことを受けて理性的なあなたは判断します。

「こういうことなら仕方がない。別のことに時間を使ったほうがいい」

英語学習を継続して上達できる3つの要因

この表題は2つの部分に分けられます。
「継続する方法」と「上達する方法」です。

いくら良い上達方法を知っていても、継続できなければ意味がないということで、
引き続き継続するための要因にフォーカスします。

この記事が役に立ったらいいね!してね