【NEWS】そんなに大切じゃない〜「急上昇」ページの本当の存在理由

NEWS




こんにちは!
Pです!

YouTubeのアルゴリズムに関して話題が止むことはありません。

特に、クリエイター達からは「『急上昇ページ』には大手作成会社による映画や音楽などが
多く載せられており、クリエイターによるものは少ない」と批判がでています。

今回はその「急上昇ページ」について、
YouTubeの事業部長、ロバート・キンケル氏の発言が話題になっています。

YouTubeの急上昇ページは重要じゃない

上記のインタビュー動画にて、ロバート・キンケル氏は以下のように語りました。

It’s not as important because you are getting the majority of your views through recommendations,

クリエイター達へのビューの殆どは「急上昇ページ」以外から来ているから、
「急上昇ページ」はそこまで重要じゃない。

 

we’re taking lots of inputs from everywhere outside as well as inside YouTube.
The reason we do that is because if you’re completely new to YouTube it could be overwhelming because there’s such a wealth of content and it’s all somewhat foreign to you.

急上昇ページには、YouTubeの内外から人気な物を反映させている。
そうする理由は、初めてYouTubeを使う人達が、自分とあまり関連を感じない
コンテンツに圧倒されないようにするためだ。

 

まとめ

クリエイター達は、「急上昇ページ」を視聴数の貴重な流入源として捉えていますが、
もともとそのような意図で作られたわけではなかったんですね!

P

 

この記事が役に立ったらいいね!してね