【NEWS】ひとまずローガン・ポールの訴えられ状況をアップデート

NEWS




こんにちは!
Pです。

YouTube史上最強のリスクテイカー、ローガン・ポールは現在2件の
訴訟を受けているようです。

いままでローガン・ポールに関する様々な記事を書かせていただきましたが、
ローガン・ポールのやらかし具合が気になる人もいるかと思い
この記事を書いている次第です。


訴え1:曲のパクリ

↑の曲は“Flobot”というアーティストの“Handlebars”という曲のパロディーです。

しかし、“Handlebars”がリリースされたのは2007年と古いので、
ローガン・ポールの”No handlebars”を見た人でそれがパロディだと分かる人は少ないでしょう。

さらに、パロディとは言うものの、ローガン・ポールの件の動画の詳細欄などでは
オリジナルの曲について全く触れられていないので、訴えられても仕方がないでしょう。

“Flobot”のアーティスト本人からも、怒りのディストラックが公開されています。

 

実は・・・

先程から“No Handlebars”はパロディーだと言っていますが、
実はそれは嘘です。

TMZというメディアサイトにて、「”Flonot”については知らなかった」と語っています。

知らなかったとしたら、奇跡的としか言いようがないほど曲が似ています。
アウトです。

 

訴え2:肖像権侵害

【 NEWS 】ローガン・ポールが地球平面協会でやらかした件

上記の記事の通り、ローガン・ポールはモキュメンタリー動画撮影の為に
興味もないのに地球平面論者達のカンファレンスに参加して、それなりの仕打ちを受けました。

結局そのカンファレンスの動画を使って動画は作成、公開されたのですが、
そのカンファレンスの複数の参加者から、「自身が映っているにも関わらず勝手に動画を公開された」
と訴えが起こっています。

地球平面協会の長であるロビー・ダビッドソン氏も、
参加者の映っている動画を勝手に公開したことを違法だと
激しく追及しています。

それと、地球平面協会が真面目にローガン・ポールを歓迎したにもかかわらず、
結局ローガンの目的がドキュメンタリーの作成だったことにも失望し、怒っています。

これも人の気持ちをバカにしてるし、
許可なく第三者の素顔をネットに公開する(しかもローガンの影響力を考えると)のは
アウト。

まとめ

お金の力でスリーアウトにならないようにしてそう。

P

この記事が役に立ったらいいね!してね