【フィットネス】カッコよすぎる矛盾~ナタリヤ・クズネストヴァの信念

FITNESS




久々にフィットネス系の記事ですが、
今回の記事にはフィットネスのテクニックは載っていません。

今回はあなたのボディメイクにインスピレーションを与えるための記事です。
そのために、ロシアの女性ボディビルダーのナタリヤ・クズネストヴァさんを紹介させていただきます。

写真から分かるとおりの肉体を持つ彼女を見ると、
女性でもここまでこれるんだ・・・
と圧倒されずにはいられないはずです。

彼女がボディビルダーとして努力したのは当然のことなので、
今回の記事では、特に彼女の人生に着いて紹介させていただこうと思います。

参照;
・‘Every Woman is Sexy’ – Bodybuilder Natalia Kuznetsova Weighs In with Powerful Message
・WikiMarried



生い立ち

1991年、7月1日、ロシアのチタという街に生を受けました。
モスクワの体育大学を22歳で卒業しています。

ウェイトリフティングは14歳の頃からはじめました。
当時の体重は90ポンド(40キロ)です。


驚くべきことに、日本人の14歳女子の平均体重よりも体重が約9キロも
軽い、小柄な少女だったのです。

そんな彼女は体を鍛えるためにジムに行きました。

15歳で初めてウェイトリフティングの大会に出場し、
最年少の優勝者となります。

現在はボディビルディング、
そしてパワーリフティング世界大会のチャンピオンです。

最も可能性のなさそうな人間が、
その分野で他の誰にも真似できないことを達成するってカッコいいじゃないですか。

でもナタリヤさんのカッコよさは、ここからなんです。

女性は自分をセクシーだと思うべき

彼女だけでなく、男性的な趣味やスポーツをしている女性は男らしく見られたいと思われがちです。
実際そのような女性もいるでしょうが、ナタリアさんは違います。

「女性はいつだって自分をセクシーだと思うべき」これが彼女のモットーなんです。

誤解を恐れずに言うと、筋肉をつけることは女性らしくない行動です。
しかし、その行為の頂点にたった女性が説くのは「女らしくあることのすばらしさ」。

なんですかこのカッコ良すぎる矛盾は。。。

https://www.instagram.com/p/BsnQHLkAHnD/?utm_source=ig_web_copy_link

そんな彼女は約45万人ものフォロワーを抱えるインスタグラマーでもあり、
夫を愛する一人の女性でもあります。

まとめ

ナタリアさんの信念や、努力、生き様にインスピレーションを受けたなら、
ぜひ彼女のインスタグラムをフォローしてみてください。

基本ロシア語ですが、英語で投稿することもありますし、
ハッシュタグにも英語があるので、だいたい何を言ってるかわかります!笑

まぁ何を言ってるかわからなくても、
見てるだけで十分だと思いますが。

P


 

https://www.instagram.com/p/BRcKcTPjb6m/

真実を公開することにしました。

 

https://www.instagram.com/p/BSNAy17j5Nn/

インスタチェック中

 

https://www.instagram.com/p/BmhznKugcDN/

モスクワの午後♡

この記事が役に立ったらいいね!してね