【音楽】ReacttotheK〜スウェーデン人とK-Popは相性がいい説

ReakttotheK




「韓国に関するユニークなYouTubeチャンネルある?」
韓国人の友達にこう尋ねた結果、教えてくれたのが“ReakttotheK”でした!

そのコンセプトは僕も初めて聞くものでした。
さらに好きな人にはぶっ刺さるコンテンツを提供しています。

一言でいうと、「K-Popを世界一広く深く掘り下げているチャンネル」です。

僕みたいに全くK-Popと関わりがなかった人間でも楽しむことができました。
K-Popに興味がないあなたも、騙されたと思って御覧くださいませ。


コンセプト〜専門家による本格K-Popレビュー

YouTubeにはいろんなリアクション系の動画がありますよね。
きっとその中には「K-Pop聞いてみた」みたいな内容の動画もたくさんあるでしょう。

オチは「K-Pop最高〜!!」で終わるみたいな。

それも悪くないですが、今回紹介する“ReakttotheK”は、
音楽の専門家達がK-Popを分析したり、リアクションするものになっています。

例えば、「ジョンヒョンを聴いたクラシック・ミュージシャンの反応」とか。

もしあなたがK−Pop好きなら、このチャンネル楽しめそうじゃないですか?

K−Pop好きじゃなくても、
クラシック・ミュージシャンがK−Popにどのようなリアクションをするのか気になりますし笑

 

ReakttotheKからのおすすめの動画

どのようなチャンネルかおわかりいただいたと思います。

動画はすべておすすめなので、
とりあえず僕が見た動画をいくつか紹介させていただきますね笑

なぜソヨンの「セニョリータ」でのラップは調和していないか

クラシックの作曲家が、なぜソヨンのラップが不調和か分析しています。
これを見れば、今後あなた自身で曲の評論ができるようになるかも知れません笑

DEAMNOTE-“Hakuna Matata” リアクション

またまた、クラシック音楽の作曲家によるK-Popのリアクション動画です!
この動画を選んだ理由は、「ハクナ・マタタ」というタイトルに惹かれてです笑

クラシック作曲家というと、なんだかすべての音楽に厳しそうですが、
とても楽しんでいましたし、評価していました。

それにつられて、
K-Popにそれほど興味のない僕もK-Popに興味を持ち始めました。

K-Popアイドルかわいいですね。
あ、新しい扉が開きそう。


K-Pop作曲家アンドレス・オーバーグ インタビュー

「白人さんがK-Popの作曲してるんや〜
しかもピューディパイと同じスウェーデン人〜」

と興味を惹かれこの動画をクリックしてみました。

この動画のコメント欄にオーバーグさんの作品がまとめられているのですが、
K-Popをほぼ知らない僕ですら知っている”BoA“の楽曲を始め、有名な曲を大量に
世に生み出している方だということが判明しました。

そんな方に独占インタビューとは、このチャンネル本格的すぎます。

「K-Popの人気ライターの中にはスウェーデン人もおるんやで〜」
と隙きあらば友達に豆知識自慢しようと思います。

まとめ

いやはや、とんともディープなK-Popの世界でした。

K-Popとは疎遠な僕ですら楽しめたのですから、
もしあなたもK-Pop好きなら、チャンネル登録すべきです。

そういえば、ピューディパイもK−Pop好きでしたね。
オーバーグ氏といい、スウェーデン人とK-Popは相性がいいのでしょうか?

誰か教えてください。

P

 

この記事が役に立ったらいいね!してね