【NEWS】ピューディパイ追放署名活動をピューディパイと一緒に論破

NEWS




Good evening!
Pです!

世の中の「批判」には2つの種類があります。
論理的で的を得た批判と、非論理的で的はずれな批判です。

ピューディパイは前者に対して非常に素直です。
自分の非を認め、反省します。

後者は、頭の良いピューディパイの大好物です。
論破してバカにして、視聴数の肥やしにします。

そんなピューディパイが、自身に対する「YouTube永久追放の署名活動」
リアクションしました。

ピューディパイがどのように対応するか気になると思いますので、
どのような反応をしていたかシェアさせていただきます。

「署名活動」についてご存知でない方は、
以下の記事に目を通して頂いたあとのほうが、この記事を楽しめるかと思いますっ

【 NEWS】ピューディパイのYouTube永久追放に5万名が署名〜一介のファンである僕が思うこと

論破祭りの前に、ルイズ氏に同情と理解を示す

今回の署名活動を始めたのは、マリア・ルイズさんという女性です。
もし彼女が今年3月に発生した、ニュージーランドでの「モスク銃乱射事件」で
初めてピューディパイのことを知ったならば、ピューディパイを白人至上主義者と
勘違いしてもおかしくはありません。

この仮定で言うと、おそらく彼女は以下のようにピューディパイのことを知るからです。

「犯人に叫ばれてた”ピューディパイ”って誰?」

wikipedia「世界一のYouTuberです。過去に反ユダヤ的な・・・」

「え?反ユダヤ?(リンククリック)」

芋づる式にピューディパイのやらかしニュースを発見する

「なんでこんな差別主義者が世界一影響力があるんだ?この人物は危険だ!」

署名活動

NewYorkタイムズ以下、
大量のゴシップ誌がピューディパイのスキャンダルを取り上げました。

しかし、それに対するピューディパイの謝罪や反省、
自主的に行ってきた慈善活動などは全く報じません。

ネットがこのような有様なので、ルイズ氏がピューディパイのことを勘違いするのは、
仕方のないことだったかも知れません。

とは言え、彼女の署名活動はその名目である「白人主義撤廃」と食い違っています。

 

論破祭り開始

では、早速その署名活動に対する論破祭りを始めましょう。

論破1〜なんの解決にもならない

 

そう、俺をYouTubeから追放したら白人至上主義の問題は解決だ!!

〜ピューディパイ

仮にピューディパイが白人至上主義者だったとしましょう。
残念ながら、署名活動のリーダーであるルイズ氏の起こした行動は
白人至上主義の解決につながるものではありません。
ピューディパイが有名になる遥か昔から白人至上主義は存在するので、
ピューディパイを追放しても、YouTuberが一人減るだけです。

「これ以上白人至上主義的な考えを広げないためにも追放すべき」
と考えたならピューディパイの影響力を気にするのもうなずけますが、

そもそもピューディパイは白人至上主義者ではありません。

論破2〜勘違いしている

  • used the N slur twice in two separate videos and has hired people to say the N slur
  • “黒人を侮辱する言葉を別々の動画で2度つかい、その言葉を言わせるために人を雇った”

こんなことは、ピューディパイの記憶にも視聴者の記憶にもありません。

おそらく、「反ユダヤ発言騒動」と生放送での「黒人差別用語使用事件」を
混同してしまっているんでしょう。

 

論破3〜完全に仕方のないこと

  • he has promoted videos that contain Adolf Hitler speeches and anti-Semitic cartoons
  • “アドルフ・ヒトラーのものまねや、反ユダヤ人のアニメを含む動画をPRした。”

今年のいつかは詳しく忘れましたが、
ピューディパイがおすすめチャンネルを30個ほど紹介した際に、
そのチャンネルのひとつにナチスのコンテンツが入っていたため騒がれました。
ピューディパイはそのチャンネルの動画をすべて知るはずもありません。。。

それでもシェアしたことに弁明と謝罪までしているのにこの言いよう。

論破4〜そんなことやってない

  • he performed the nazi heil in one of his videos
  • “ナチスの敬礼を動画で行った”

すみません、これはぶっちゃけ見たことあるかもと思いました笑
しかしピューディパイは否定したのでやってません。