【 NEWS】ピューディパイのYouTube永久追放に5万名が署名〜一介のファンである僕が思うこと

NEWS




こんにちは。
Pです。

実は今、ピューディパイをYouTubeから永久追放する署名活動が行われており、
すでに56,000件もの電子署名が集まっています。

そのきっかけは、
2019年3月15日に起こったニュージーランドの銃乱射事件でした。

銃乱射事件とピューディパイの関係

ピューディパイはインドのYouTubeチャンネル、「T-Series」
チャンネル登録者数を競り合っています。

【 NEWS 】ピューディパイ VS インドのYouTubeチャンネル

ピューディパイのファンたちは、ピューディパイを負かすまいと
自主的にピューディパイの宣伝活動を行っており、

キーワードは“Subscribe to PewDiePie(ピューディパイにチャンネル登録を)”です。

このキーワードを銃乱射事件の犯人が叫びながら犯行に臨んだことが、
ピューディパイの追放活動が始まったきっかけです。

署名活動家はどのような人物か

署名活動を主導しているのは、マリア・ルイズ氏
以下の署名ウェブサービスを使い、署名活動を開始しました。

彼女の思想を表す一文を引用させていただきます。

In the wake of the most recent mosque shooting I believe it is time to take action as a community and remove white supremacist content from our platforms.

モスクでの銃乱射事件を受けて、
今こそ一致団結して白人至上主義を我々の土壌から一層すべきです。

https://www.change.org/p/remove-white-supremacist-content-from-youtube

そう、
彼女は白人至上主義者としてピューディパイをやり玉に上げているのです。

ファンとして、僕があなたと共感すること

あなたがピューディパイファンなら、きっと憤りか悲しみを感じたはずです。
「ピューディパイのことを何も知らないのに、こういうことを言うのはやめてくれ」と。

僕もそうです。

ルイズ氏はピューディパイの「罪」を以下のようにまとめています。

PewDiePie has in the past:
ピューディパイが過去に行ったこと

  • used the N slur twice in two separate videos and has hired people to say the N slur
  • “黒人を侮辱する言葉を別々の動画で2度つかい、その言葉を言わせるために人を雇った”
  • he has promoted videos that contain Adolf Hitler speeches and anti-Semitic cartoons
  • “アドルフ・ヒトラーのものまねや、反ユダヤ人のアニメを含む動画をPRした。”
  • he paid Indian men on website Fiverr to hold up signs that say death to all jews
  • “「すべてのユダヤ人に死を」と書かれた紙をインド人の男性に掲げさせ、金を払った”
  • he performed the nazi heil in one of his videos
  • “ナチスの敬礼を動画で行った”

などなど、他にもいろいろ上げていますが、すべてニューヨーク・タイムズから仕入れた情報
だと思わざるを得ません笑

※ニューヨーク・タイムズはピューディパイに関する的はずれな批判記事を多く作成している。

そして、ピューディパイの募金活動などは全く紹介しないところも
完全にバイアスがかかっています。

ニュージーランドの件に関しても、
ピューディパイは自身のチャンネルのコミュニティ欄で遺族への募金を受け付けをしており、
コメント欄にはピューディパイとムスリム達への愛のある言葉が溢れています。

このことも、おそらくルイズ氏は知らないか、無視しているのでしょう。

さらに、ルイズ氏は以下のようにも言っています。

Even if PewDiePie cleaned up his act his comment sections are still a cesspool of white supremacist activities and commentaries.

ピューディパイが行動を正したとしても、コメント欄は白人至上主義の掃き溜めです。

なんと、たとえ行動を正したとしても、
コメント欄に白人至上主義的な言動があるだけで、ピューディパイは許されないそうです。

これは完全に、多くのYouTuberとユーザーから批判の的になった、
YouTubeのシステムと同じ発想です。

ある問題を解決するために、関連するチャンネルをどうこうしようとすることは
問題の根っこに対して完全に枝葉の対応です。

【NEWS】「YouTubeが児童のわいせつ動画を促進」→YouTube広告ビジネス崩壊→世界中のYouTuber騒然

 

まとめ〜ピューディパイが無駄に嫌われるのが悲しい

マリア・ルイズ氏がピューディパイの批判活動をするのは特に気になりません。
おそらく、何も変わることはないでしょう。

しかし、彼女の活動に署名した人たちは
マリア・ルイズ氏が紹介するピューディパイしか知らないはずです。

彼女の活動の影響で、ピューディパイのことを勘違いする人が増えることを
僕はとても悲しく思います。

ただ、先に上げたファンたちの「ピューディパイ布教活動」の影響で、
「ピューディパイの名前だけ知っている」という人は圧倒的に増えたはずです。

そういう人のピューディパイに対する印象は、
その人が最初に耳にするピューディパイのニュースや噂に左右されます。

世界のピューディパイファンには、
ただチャンネル数を増やすだけでなく、
彼のことをよく知ってもらう活動も増やして欲しいですね。

P

 

この記事が役に立ったらいいね!してね