【NEWS】YouTube動画上でYouTubeに意見した結果〜広告撤廃とコメント不能化

NEWS




こんにちは!
Pです!

少し前、YouTubeのコメント欄に不適切なコメントがあるだけで、
YouTubeによってその動画が消されたり、広告撤廃になるというルールについて
記事を書きました。

【NEWS】「YouTubeが児童のわいせつ動画を促進」→YouTube広告ビジネス崩壊→世界中のYouTuber騒然

そのことを僕が知ったきっかけは、
人気女性YouTuberのコリーン・バリンジャーさんのツイートでした。

コリーンさんは第一子が生まれたばかりで幸せムードですが、
そんな彼女に水を差す理不尽な事態が発生しました。

YouTubeに意見を呈した動画がコメント不能に

冒頭でお伝えしたYouTubeの措置に関して、
上記の動画で意見を呈したコリーンさん。

なんと、そのあと彼女のこの動画に
広告撤廃と、コメント機能停止の措置がYouTubeによって取られたのです。

この件に関して、コリーンさんは以下のようにコメント。

https://twitter.com/ColleenB123/status/1110709959757430785

今日は動画で、幼児嗜好者にコメントされた無実のYouTuberの動画から
広告やコメント機能が撤廃される話をしたわね。

わたしのその動画が、YouTubeに意見したせいで広告とコメント機能の
撤廃にあったわ。どうかしてる。

この行為は流石に露骨すぎます笑

今はどうなっているか?

まだ広告撤廃などの措置が取られている間に、
コリーンさんは該当のYouTube動画の詳細らんに以下のようなメッセージを残しました。

UPDATE: Youtube demonetized this video and disabled all the comments. Interesting… I call them out, and they punish me and make it so that no advertisers can see it, and make it so no one can comment and start a discussion. wowwww….

報告:YouTubeがこの動画の広告を撤廃し、コメント機能を停止しました。
興味深いわね。。。わたしが意見をしたら、YouTubeは罰としてこうしたわけね。
そうすれば、だれもコメント欄で意見交換ができなくなるから。

まだ広告撤廃などの措置が取られている間に、
コリーンさんは該当のYouTube動画の詳細らんに以下のようなメッセージを残しました。

そう願いたいですが、YouTubeのアルゴリズムやレッドカードの基準が
曖昧であることに多くのYouTuberが不安の声を上げています。

まとめ

シェーン・ドーソンがYouTubeCEOのスーザン・ウォジンスキ氏と
お茶をする話がありました。

ぜひこのシェーンにはぜひこの話を面と向かって話してみてほしいですね。

【NEWS】シェーン・ドーソンとYouTubeCEOがお茶することになりました〜その理由とは?

 

P