【NEWS】ライアン・ヒガファンの皆様へ〜nigahigaに変化が訪れました

NEWS




こんにちは!
Pです!

あぁ、あなたもライアン・ヒガのファンなのですね。

ようこそ!
今回はあなたにシェアしたいお話があるのです!

表題の通り、ライアン・ヒガのチャンネルに変化が訪れたのです。

それがどのような変化なのか、
なぜライアンは変わろうと思い立ったのか、
そんなお話を紹介させていただきます。

ライアン・ヒガ自身については下記の記事にて。

【コメディ】ライアン・ヒガ(RyanHiga)について

ラインの変化〜イメージと180度違うコンテンツを出してきた

まず、どのような変化が訪れたのかをお伝えしようと思います。

1.ポッドキャストの開始
2.新しい企画シリーズ(“Ryan Tries”など)
3.  ディストラック

あのライアンがディストラック!?

「ディストラックを作る」という言葉をライアンの動画で聞いたときは
またいつもの冗談かと思いましたが、ガチでした。

「実際に知っている人だけを対象にする」という
ライアンらしいホワイトさを残していますが、
「ディストラック」という穏やかでない動画を出すのは驚きでした。

次の章からは、このような変化の背景についてお伝えしていきます。

YouTubeをやめようとしていたこともあった

いままでYouTubeをやめようかと思ったこともある。

そう語り始めるライアン。
YouTubeで動画を作る楽しみを感じられなくなってきたらしいのです。

他のYouTuber達も陥るジレンマに陥ったんだ。
視聴数が稼げる動画を作るか、
インスピレーションをもとに作りたいと思った動画を作るか。

2018年は、年末までは作りたいと思った動画を作っていなかった。

2018年末には作りたいと感じた動画を作っていたらしいのですが、
その結果として、やはり視聴数は落ち、低評価は増えたとのこと。

悩んだ末のライアンの決断

ライアンは「YouTubeを辞めるか、評価が落ちても作りたものを作るか」
選択に迫られたと言います。

そして、ライアンが出した結論は「YouTubeでやりたいことにチャレンジし続ける」ということでした。

どんな悪い結果をもたらすとしても、作りたいものを作ろうと思う。
それがYouTubeを始めた理由だから。

「作りたいものにチャレンジする」
ということで、コンテンツに変化が発生することになりました。

その結果、ディストラックも生まれたんですね。

まとめ

今回はライアンのチャンネルの変化についてご紹介させていただき、
特に特徴的だったディストラックもご紹介させていただきましたが、
他の新企画もおもしろいですよ!

これとか、あんまり電車やカフェなど人のいるところで見ることはおすすめしませんw
英語が全くわからなくても楽しめるないようなので、ぜひ見てほしいです!!

“サバイバル系動画の人気を受けて、雪の砦を作ろうとする”

 

ライアン・ヒガファンの方に読んでいただけてとてもうれしいですし、
そうでない方にとっても、この記事をきっかけにライアンが新しい楽しみになれば最高に嬉しいです。

今回もここまで読んでいただき、ありがとうございました!

P

この記事が役に立ったらいいね!してね