【 NEWS 】歴史上最も叩かれたオフ会

NEWS




「返金!!返金!!返金!!返金!!返金!!返金!」

 

“YouTuber Fanfest”や、“Vid Con”など、
YouTubeスターに会えるイベントは世界中に存在する。

そのようなイベントを個人で開くYouTuberもいるが、
その中には「完全に私利私慾で、ファンをバカにした」

と酷評され、当日の現場では来場したファンたちから
嵐のような「返金要求」が巻き上がったイベントがある。

それがTana Mongeauの主催した“TanaCon”である。

どんなイベントだったか?

タナコンは、2018年6月22日、
“Vid Con”が開催されている同じ地域、同じ時間帯に開催された、
“Tana Mongue”(タナ・モンジョー)が主催したミートアップイベントである。

目玉はタナ・モンジョー自身や、その他の有名Youtuberと交流ができることだ。

当日は1000人を裕に超える人々が押しかけ、
イベント会場の駐車場まで列ができるほどの賑わいをみせた。

 

しかしその実態は

結論から言うと、イベント会場にはほぼゲストYouTuberが来なかった。
なぜなら彼らは”Vid Con”に出ているからだ。

イベントらしいイベントが発生することを、
来場した訳2000人のファン達は辛抱強く待っていた。

イベントの発生を「イベントの会場内」で待っていたファンはまだマシである。
約1000人の人々がカリフォルニアの炎天下のもと、駐車場で列をなして待っていたのだ。

彼らは4時間待った挙げ句、タナコンが全くマネジメントされていない
イベントだとわかると、「返金」コールの嵐を発生させた。

多くの来場者がその様子をSNSに記録しているが、
以下の動画もその一つである。

 

その後、タナ・モンジョーはこの事態について泣きながら40分ほどの動画のなかで、
語っているが、彼女が言い逃れすることはできない。

なぜなら、彼女は会場のキャパが1000人であることを知りながら、
4000枚のチケットを販売したからだ。

そのことは、彼女が仲間とイベントの打合せをする様子を撮影した動画が
根拠になっている。

現在その動画を見つけることはできないが、
以下のPewdiepieの動画でもその事実があったことがわかる。

ちなみに、Pewdiepieも「ファンというものをバカにしている」と
怒りを表していた。

やっぱり、いる・・・

人気なYouTuberはたくさんいるが、
その全員がファンを大切にしているとは限らない。

今回取り上げたタナ・モンジョーのようなことをしてしまう
YouTuberもいることを再確認してほしい。

あなたの好きなYouTuberやインフルエンサーは、
どのような形でファンとの交流や、Youtuberであることを
楽しんでいるのか?

そして、本当にあなたを数字ではなく、
ファンとして大切だと思ってくれているのか。

あなたの好きなYouTuberやその他のインフルエンサーに
その根拠を探ってみるのは面白いかも知れない。

以上、カリフォルニアからPがお送りしました。