【 ゲーム実況 】マーキプライアー(Markiplier)について

GAME

“Hello everybody! My name is Markiplier.”

このバリトンの深イイ声の挨拶を、あなたは聞いたことがあるでしょうか?
それともまだないでしょうか??

世界で最も人気なゲーム実況者の一人、Markiplier(マーキプライアー)の
魅力をもっとよく知っていただくために、

生い立ち挫折、そして彼の人気の理由などをwikiより詳しく
紹介したいと思います!

もちろん私Pも彼の動画が大好きです。

生い立ち〜貧しい幼少期を経て

 1989年6月28日 、ハワイのオアフ島にある米軍基地で誕生。
本名は Mark Edward Fischbach(マーク・エドワード・フィッシュバック)

幼少期、父の転職でオハイオ州に引っ越し、弟と豊かな自然の中で
遊ぶ毎日を過ごしました。

ある日、父親がコンピューターを彼らに紹介したことが
マーキプライアーとゲームの最初の出会いになります。
弟と一緒にゲームにハマっていた日々のことをとても良い思い出だと
本人は動画の中で語っています。

立ち込める暗雲

幸せな兄弟をよそに、両親の間には喧嘩が絶えませんでした。
結果的に母親は家を出てしまいます。

父は精神的に衰弱し、仕事を辞めてしまいました。

収入がなくなったフィッシュバック家は
マーキプライアーと弟を私立から公立の学校に移し、
大好きだった家と、Nintendoのゲーム機を売るしかありませんでした。

しかし、コンピューターだけは残していました。
そのことがマーキプライアーのコンピューターへの関心と愛情を育てることになります。。

 

義母の出現で変化が!

マーキプライアーが高校に上がる直前に、
父親は新しい女性と交際を始めます。

それはフィッシュバック家に良い変化をもたらしました。

新しい恋人は父に仕事をする元気を与え、
マーキプライアー兄弟にはPlayStation2を与えたのです!!
めちゃくちゃ嬉しかったらしいです笑

マーキプライアーの高校生活は充実しており、
良い友達とゲームを楽しみながらも学校の成績はよく、
彼女までゲットしてしました。

 

大学入学と父からの手紙

全て順風満帆で大学に進学して間もなく、
マーキプライアーは、父から何も言わずに一枚の手紙を手渡されます。

そこに書いてあったのはマーキプライアーのことではなく
父親自身についてのことであり、マーキプライアーは父親が癌だということを知ります。

マーキプライアーは悩みました。
自分が一番やりたいのはゲームを作ることですが、
父親のためにも医療の道を行くべきなのか・・・

ある日、彼は家の一階で義母が「愛しているわ」と
父親に呼びかけているのを聞きつけます。

父親は駆けつけたマーキプライアーの手を握り、
最後の言葉を伝えました。

“I love you, so much”

 

失意のマーキプライアーへの追い打ち

彼は失意のなか就職し、ゲーム開発者でもなく医療関係者でもなく、
普通のエンジニアとして働き始めました。

好きな仕事でもないし、ゲームをする時間もありません。
新しい彼女との交際について元の母親と喧嘩して家を追い出されるし、
さらには上司と喧嘩して仕事を首になるという有様でした。

お金がなくなったマーキプライアーに彼女も愛想をつかし、
二人は別れてしまいます。

精神的に疲れてしまったマーキプライアーは自分のアパートに
引き篭もる日々を送りましたが、運命は彼にそれすら許しませんでした。

ある日、腹部の激痛に目を覚ましたマーキプライアーが病院に行った結果、
盲腸の診断結果だけでなく、腫瘍の存在まで明らかになったのです。

 

マーキプライアー、覚醒

入院生活の中で、彼は思い通りにならない人生に憤っていました。

そして決断します「もういい、好きなことをしてやろう」と。

ゲームの開発者としてでなく、本来大好きだったゲームを通して
自分のアイデンティティを作って行くことに決めたのです。

彼は税金の払い戻し金でカメラを買い、
YouTubeへのゲーム実況動画の投稿を開始し、
ついに心の平安を取り戻します。

そして、
YouTuberとしての輝かしい道のりを歩み始めたのです。

 

人気の理由〜マーキプライアーの魅力とは?

浮き沈みの激しいYouTuberの世界で、マーキプライアーはなぜずっと人気を維持できているのでしょうか?
人々はなぜ彼に惹かれるのでしょうか?